僕、私が得たモノ、貴方が得たモノ、その違に目を向けたい。そして、この腐った世の中にメスを入れる。自分や嫁がで試した最新/話題の商品も紹介します!闘病日記も兼ねて!映画で得たモノを忘れないための感想もあります♪
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
もしや、再発?( ̄□ ̄;)
2007-06-05 Tue 23:56
こんばんは!

タイトルどおり、マジヤバイ‥。(;´Д`)

5月の後半、某病院へ‥(。_。)
起きたばかりの眠たそうな顔して検査へ向かう。

前の晩、25歳が5人集まって荒川土手で歌い、
スコーンを1袋半食べた翌日だった‥(笑)
(V)o\o(V)ふぉふぉふぉ

その5人と言っても妙なメンツで‥。(゜〇゜;)

俺が知ってるのは1人だけで、そのときに知ったのが3人だった。
男3人女2人‥。(はたから見たらどんな画だろうね?夜中にたむろしてる悪い奴ら?どうでもいいか。)

街頭も照らさない、荒川はとても静かだった。
そこは、どこか物語で出てきそうな素敵な場所で、
四角い屋根もついて、囲うように屋根の下にベンチもついて、ちょっと離れて鉄で出来た変なオブジェも置いてあって‥。
(何人かは前にも来たことがあるみたいだった)

でも最近出来たような感じだった。

相手も顔も良く見えないまま、会った25歳の仲間‥。
俺はめがねを取って、0.1の視力で、俺は何も見えないのに、優しそうなやつらだ‥って思ってた。
口から出てくる方言や、言葉で感じる気遣い‥。
笑顔でお互い、しゃべってた。


向かう約束をしたのも、会う20分前。

俺は、仕事を終えて家に帰った頃、その一人の子とメールをしていた。
「これから、荒川行くんだ~」って。

もう外は真っ暗なのにどうして荒川なのか知りたくて、「何しに行くの?お化け出るよ?」みたいな事を返した。

「友達が太鼓叩くんだ、真っ暗だから近くを通った人はそれをお化けだとおもうかも」

太鼓って!?鼓笛隊にでも入ってるのかと思って返事したら、この後ギターを弾く人も現れるんだって(笑)それってどういうこと?真っ暗なのに、夜中なのに、演奏すんの?(^。^;)

真っ暗なのに、何するんだろう?って気になっちゃって、俺も行くことにした。ん?

いや、ここがおかしかったんだな‥。
普通なら、楽しんでくれ!って寝た。。
みたいな感じだろうね?


だって、知らない人が、3人居て、俺は、その場でうまく出来るのか?って不安もあるだろうし‥。人見知りの俺が‥(笑;)
でも、その知ってる1人の人に会えるならそんなことどうでもよかったんだ(笑) (^^))((^^)v
今までそんな運命なんて感じたことないし。


そんな感じで、一瞬のうちに、荒川に行くことになって、
電話ない俺は、そのメールでくれた内容だけで、あの大きな荒川に行くことにしたんだ‥。

無謀かもしれないけど、絶対にみつかるって思ってたから、
原付にエンジンをつけた。(それがまたうまくいくもんなんだ)

そして、赤羽橋を渡っているとき、ふたつの笑顔が見えた。
「あれじゃない?」(☆∀★)ミュッ!
なんて言っていたのが解った。
なんだろう?あんなにうるさかったのに、
本当に聞こえたのかは解らないけど、確かにそういわれた気がした。

しかもさ~、通ったとき、すごい笑顔で、目がキラキラしてるんだ(笑)
じつは、二人発見したあと、笑っちゃったからね(笑)


あんなところで、ふたりして、並んで笑っているんだもん。

俺には一目瞭然だった。(゜ー゜)(。_。)ウンウン
本当は急ブレーキで止まって会いたかったけど、後ろの車も沢山事故を起こしてしまうから、そのまま、目的地へ向かうことにした。(当然だね)

この時点で、行く場所は水門だってわかってたし、直ぐに左に曲がって目的地へ到着した。

そこには、一人の男性が、ロンゲ!?
そして、少し髪の毛の短い人!?
二人とも背が大きいし、、、
いや、俺、うまくやれるかな‥。
なんか、不安に感じた‥(◎-◎;)ドキッ!


はじめまして!なんて、爽やかにみんな挨拶した。
名前を言われたんだけど、緊張してて、自分の名前言うので精一杯でした‥(゜゜)(。。)ペコッ

でも、今はもう全員の名前覚えてる(笑)


ちょっとギターの話をしていると、目をキラキラさせてた2人がやってきた。階段を下ってきた。ι(^。~)丿L(~。^)/
正直、街頭がないから、俺、二人の顔あまり見えてなかったかも(ーー;)

まして、ロンゲと髪が短いって印象ってひどくない?
まったく見えてなかったってことだもんね?( ̄□ ̄;)


ユ○チンは、かわいい女の子だろうなって感じだった。
テ○ジは、なんか超越したんじゃねぇかなって思ってた。
だ○こちゃんはちょっと人見知り激しいな?って思ってた。

ユ○チンとテ○ジはムードメーカーで、話を盛り上げてくれる存在だった。それに乗っかって、俺も変なこと言ってたけど、勘弁してな(^ー^;)

お互いの話をしながら、風が冷たくなる中、セッションが始まった。
テ○ジがすげ~ギターうめぇ~~~んだ!!!!
俺より1年早く始めたのが理由じゃない。
どれだけ集中してやっていた時間が長かったかによる。(^_^)/□☆□\(^_^ )カンパーイ!って‥、違う。完敗だった。

俺は、ミスチルの and i love youを弾いて歌った。
そこに だ○こちゃんの太鼓、テ○ジのギターが加わってきた。

人前で歌うことなんか、今までなかったから、うまく弾けてるか心配だったけど、暗かったし、
いつもどおり弾けたような気がした?σ(~ε゜;)

荒川の暗い土手‥。
そこに響き渡る、
3人のメロディー
それがどんな曲だって構わない。
25歳の男は、それぞれ胸に抱えたものを表現しようとしていた。

女の子2人には、そのときどんな風に聞こえていたんだろう?
ただ寒かった!みたいな感想だろうな(笑)
俺以外の2人は、相手の音に気を配って演奏していたんだろうな。

初心者の俺に、合わせてくれて本当にありがとう。すごく楽しかったし、なんか、胸の奥でずっとまだ、鳴り響いている。

もう寒くなってきて、俺ら1時くらいまで会っていたかな?
もう帰ろうって話になった。

それぞれ車のほうへ歩いていくんだけど、
なんか俺もその中の一員になった気がしたんだ。
気のせいかな?
ココって犬がいて、そいつ俺のこと気に入ってくれてたし(笑)
犬に逃げてごめん( ;^^)ヘ..

でも、なんか、25歳で会う5人って知らないみんなで新鮮だけど、なんか懐かしくって‥。


帰り際、鍵を置いてきたって、みんなで戻ってるとき、
ダ○コちゃんが指輪なくしたって( ̄□ ̄;)

大事にしていた指輪で、それは、なくしちゃいけなかったモノなんだ。

だからみんなで数十分探したけど、
どうしてもみつからなくって、みんなに気を使って諦めることにしてた。
みんな、家に帰るんだなって思ってたけど、どうしても俺だけ?諦められなくて、その場所に戻った。
原付だったし、ライトで見つかるかも知れないって思ったんだ。

歩いた道を原付でたどっていく‥。
でも、見つからない。ボルトみたいな指輪‥。

見つけてやりたくって、数十分探していた‥。
でも、どうしてもみつからないんだ‥。

真っ暗な荒川は怖かったかもしれない‥。
誰が来ても解らないし、恐怖のほうが大きくなったかもしれない。
でも、どうしても見つけてやりたかった。

俺も、指輪をなくしたことがあったけど、どこでなくしたか、どうしても思い出せなくて、諦めたスヌーピーのかわいい指輪‥。
毎日小指についていたのに、不注意でなくしちゃったんだ。
誕生日に貰った大切な指輪なのに‥。すげぇ悔しくて、忘れられない。
俺って、どれくらいなくし物をすれば気が済むんだろう?
俺の不注意は治せるんだろう?

見つかればまた、頑張れたかもしれないのに、見つからないまま時は過ぎていった。そうして、記憶から消えていくもんだと思ってた。

そんな後悔はダ○コちゃんにさせたくなかったんだ。


でもみつからねぇ~!!!!!!!!!


けっ!!!




なんだよ!!!!
こんな這いつくばって探してんのに!!!!


みつかれよ!!!ボケ!!



はぁ‥。と思っていたら、なんかこっちを見てる男女‥。

散歩にしちゃ遅いし‥。

ヤンキーの時間がやってきたかと思って諦めた。

どうしてもその男女の横を通らないと、帰れなくて、ちょっと怖かったけど、横切ろうとしたら、ダ○コちゃんだった!?

また、探しにきていたんだね♪
しかも、テ○ジ以外全員集合(笑)

デ○ジを送って戻ってきたって言ってた。
やっぱり、大事だったんだな‥。
なくしちゃったら忘れられないほどの後悔をするんだろうな‥。

やっぱりみつけてやりたくなって、またそれから探した。


夜はだんだん更けて行く‥。
寒さもどんどん増していく。

俺は大丈夫だったけど、みんな寒そうだった。

いつかまた、出会えると俺は信じてるし、ずっとみつからないままだって、深い後悔が、胸にずっとその指輪を輝かせてくれているに違いない。

ダ○コちゃん!!!!

どんとまいん!!!!!!!!


あっ‥。

そうそう、ごめん、そんなこんなで、家路を辿るんだけど、
ガス欠して、ガソリンスタンドまで歩いてさ、俺、家につくのすげぇ~遅くなった( ̄□ ̄;)

ぎゃははははははは _(__)ノ彡☆ばんばん!

バカだな俺‥。



そして、起きて、寝ぼけたまんま、病院って訳だ。。。

結果は、淡白プラス2!!!
o(⌒▽⌒ )o o( ⌒▽⌒)o きゃっきゃっ♪

まじガッカリ‥。

クスリ増やすよ?なんて言われちゃって、
すげぇーーーショック(笑)



先生すまんが、もう一回チャンスくれ。

俺の腎臓、それまでに絶対回復するから。

頼むぅ~ヽ(´▽`)/


「1ヶ月は待てない、この状況だと、2週間以内だな。再検査。蓄尿持ってきて」

りょうかいっ ('◇')ゞ


そして、溜めた尿は、量も少なく、濃い色をしていた‥(;´Д`)

これマジ無理だから!!

出したくねぇ~(>_<)ヽ

でも、悪いなら悪い結果と受け止めようと持っていた。

結果は6/4に出る。


そして昨日、聞いた結果。

少し待って、呼ばれた。

「ミツボシさ~ん、中まで~~」


悪いと確信していた。
だって、俺、色とか量で解るもん。

どんだけ淡白が出てて、どれくらいクスリが増えるのか不安だった‥。


もう、先生の顔を、結果が出るまで見られなかった。

そして、先生の前の椅子に座った瞬間‥。





「問題ないね。大丈夫だよ(^-^)」


んな、あっさり!?




「本当ですか???」
病院内に響き渡る‥。



「え?うそ!?大丈夫だったんですか??」
信じられなくて、2・3回確認しちゃった‥。



「大丈夫だよ、クスリはこのままでいこうか(^-^)」

すごい顔が真っ赤になって、大喜び。
おれは、なんか試験に受かったみたいな大げさなリアクションで、
先生とか、そんな喜ばなくてもいいじゃん‥、みたいな、引きつった顔してただろ?
あのやろ~、良い奴だ♪

マジ最高♪


というわけで、7.5mgもう少々時間をかけて減らしていくことになりそうです♪
関連記事
スポンサーサイト
別窓 | プレドニン飲んでる人(。・ω・)ノ | コメント:0 | トラックバック:0
<<☆ジョゼと虎と魚たち☆ | mitsuboshiのブログ | 時計じかけのオレンジ>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| mitsuboshiのブログ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。