僕、私が得たモノ、貴方が得たモノ、その違に目を向けたい。そして、この腐った世の中にメスを入れる。自分や嫁がで試した最新/話題の商品も紹介します!闘病日記も兼ねて!映画で得たモノを忘れないための感想もあります♪
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
地デジ移行後3~5年、CATVはアナログ放送受信可能に
2009-01-08 Thu 12:08
本当に対応するの??
気にされている方も多いはずの、地デジ♪

2011年7月24日に、東京タワーからのアナログが止まるってなってるのに、
CATVは以後3年~5年アナログOK!?マジで???

各、CATV業者に問い合わせするも、政府からの話も来てない状態なので、対策については未定。
そうなるかもしれないけど…??的な。

そりゃそうか。

政府も、頑張ってるのかな?
まだ解らない事だから、夏までは様子見した方がいいのかな?

ガンバレ日本♪

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090107-00000074-yom-bus_all
*********************************************************************
 政府は、ケーブルテレビ(CATV)利用世帯を対象に、2011年7月の地上デジタル放送(地デジ)完全移行後も、アナログ放送を受信できるようにする措置を取る。

 景気悪化の影響で地デジ対応機器の普及が遅れているためで、移行後3~5年間の時限措置とする方針だ。

 CATV加入世帯は現在約2200万あり、加入可能世帯を合わせると約4000万世帯が対象となる。

 具体的には、地デジの電波をCATV会社でアナログ波に変換し、デジタルとアナログの両方の電波信号を家庭へ同時に送る。各世帯では、テレビが地デジに対応しているかどうかにかかわらず番組を見られる。

 政府は今年3月までに、CATV会社約330社が加盟する「日本ケーブルテレビ連盟」などに新対策の実施を要請し、夏までに詳細を詰める。CATV会社には設備への追加投資などで計30億円を超える負担が見込まれており、政府として支援策を検討する。

 政府は地デジ完全移行時までに、受信機器の普及台数を1億台に引き上げる目標を掲げている。しかし、北京五輪などで普及の加速を見込んでいた08年に期待ほど伸びず、同9月末時点の普及台数は4113万台、世帯普及率は約47%にとどまった。

上記引用。
スポンサーサイト
別窓 | 日記(雑談みたいな…?) | コメント:0 | トラックバック:0
| mitsuboshiのブログ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。