僕、私が得たモノ、貴方が得たモノ、その違に目を向けたい。そして、この腐った世の中にメスを入れる。自分や嫁がで試した最新/話題の商品も紹介します!闘病日記も兼ねて!映画で得たモノを忘れないための感想もあります♪
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
★ゆれる★
2007-08-27 Mon 00:23
★ゆれる★
123.jpg



みんな兄弟はいる?

僕の友達は、弟がいるんだって言ってた。

僕は、11ヶ月上の兄貴がいる。


友達は弟と仲が良いと言っていたけど、どれだけ仲がいいのかは分からない。


俺の兄貴、3週間同じ年になる期間がある。

だから、世間の兄弟とは、ちょっと違う。


小さいころはよく一緒に遊んでいた。

というか、俺が兄貴の後ろを着いてまわっていた。着いてくるなと邪険に扱われても着いていった。

遊ぶことより喧嘩の方が多かったくらいだけど。
殴り合いもしょっちゅうだった。
ツネリ具合も、小さくつまんで痛い思いをお互いが味わっていた。


泣いたら負けのような気がして、どんなに痛くても喧嘩では泣かないで、我慢してたっけ。



小学校入学
俺は、小学校へ行きたくなかった。
知らないやつらと仲良くなれる自信もないし。

それでも、義務教育だから、行かなくては行けなかった。
時には、コタツの足を両手でギュッと握って、
「行かない!(おお泣き)」なんて言って、お袋を困らせていた。

お袋の方がまだ強かったから、5分くらい格闘すると、コタツから手は離れ、おお泣きしている俺を抱えて、小学校の校門まで運ばれた。

すると先生が目の前に…、
その先生は、背が高くて、すごくやさしいくて、きれいな先生だった。

泣くのをやめ、教室へ行く。

お袋は笑って、よろしくと言って帰っていく。



小学校入学当初、右足を怪我して、包帯ぐるぐるで、登校していた。
近所のねぇチャンたちが、俺をおんぶして連れてってくれるんだ。
今考えてみたら、すごくやさしいねぇちゃんたちだ(泣)

その時代は、お風呂に入れると色が変わる、ネクロスが俺と兄貴で流行っていた。
中に入ってるチョコも好物だった。

お袋から100円ずつもらうと、ネクロスを買いに行こうって、兄貴と、200m先のスーパーを目指す。

行きは足を引きずりながら何とか買いにいけた。

でも、帰りがやばかった…。

ジンジンと痛む足…。

残り100mくらいのところで、痛すぎて歩けなかった。。。

兄貴は、俺をおんぶしてくれる。

兄貴も俺と一緒で小さい体。

ずっとおんぶして帰る力はなくて、途中肩を借りてかえる…。


俺にとってはものすごく長い距離に感じていた。
帰れないかもしれないって脳裏をよぎる。

それでも、兄貴は俺を連れて帰ろうと、必死で助けてくれる。

暗い夜道…。兄弟二人三脚で家を目指した。

帰れないと思った家がもう目の前…。
お袋が出てきた瞬間、安心してお泣きしてしまった。


その節は、ありがとう。


喧嘩しかしないと思える二人も力を合わせる事ができる。

お袋が仕事で帰りが遅いと、
俺は「お母さん帰ってこないかもしれない…」って、兄貴に言って
兄貴は、すぐ「帰ってくるから大丈夫だよ」と言う。

俺は、待てなくて泣いてしまう。
兄貴は黙ってファミコンをしている。

しばらくすると「帰ってくるから泣くなよ」と、
いつも、平気そうな顔をしていた。

小さいころは、俺がおにぃちゃんにまちがわられて、兄貴は悔しさのあまり泣いたこともあったっけ…。

でも、俺にとっては、正真正銘、兄貴だよ。


おにぃちゃんと、呼んでいたのは中学校まで。

高校にあがってから、まもなく、兄貴と呼ぶようになった。



2007/8月 兄貴は家を出て一人暮らしをはじめた。


実は、俺も19歳のころ、家を出て一人暮らしをしていた。

その間もずっと家を出なかった兄貴も。一人暮らしをしてみたかったんだと思う。


趣味が合うのは、釣りとスノボーとサッカー。
音楽はぜんぜん趣味が違う。

お互い干渉しない中で生きているけど、
この映画のような兄弟とはぜんぜん違うと思った。

まとまりのない文章でごめんなさい。
スポンサーサイト
別窓 | ★胸に刻んだ映画★ | コメント:0 | トラックバック:0
☆☆マッチスティック・メン☆☆
2007-08-26 Sun 00:21
マッチスティック・メン

006.jpg


マッチスティック・メン

製作総指揮 : ロバート・ゼメキス
監督 : リドリー・スコット
出演 : ニコラス・ケイジ 、 サム・ロックウェル 、 アリソン・ローマン



自らをアーティストと称する詐欺師のロイ
(ニコラス・ケイジ)
度を過ぎた潔癖症に悩んでいる。

食器を汚すのが嫌で食事は缶詰ばかりで、
ゴム手袋をつけて流し台に立つ始末‥。

受話器は毎朝、消毒しないと落ち着かないとキタ。

見かねた相棒のフランク(サム・ロックウェル)は、
ロイに精神分析医を紹介する。

病気の原因を探る内、ロイは
今まで会って居なかった娘・アンジェラ(アリソン・ローマン)の存在を思い出す。

そして、彼女を探し出す。


一緒の時間を過ごすことで、癒されてゆくロイの心。
だがロイの人生は、
アンジェラの登場で思いもかけない方向へと
転がり始める。

020.jpg



物語のあらすじとはこんなところだろう‥。



最終的に俺の心は、えぐられた‥。


久しぶりに、こんなスゲー作品に出会ったって感じ。

教えてもらった映画の中で、
今のところナンバーワン(笑)

オーマイガッ!!!!!!

まだ胸の鼓動が収まらない‥。

もう!!!ふん!!!!


全ての人にお奨めしたいから、ネタばらしはしません。

マッチスティック・メン、一度は見てね。
俺は2回目見ちゃって眠れない(;´Д`)

もう日が昇ってる‥。マッチスティック・メン恨むぅ

002.jpg

別窓 | ★胸に刻んだ映画★ | コメント:0 | トラックバック:0
★トランスポーター★
2007-08-25 Sat 00:30
トランスポーター

eibhvkyqp.jpg



トランスポーター2
transporter2.jpg


続けてみた(笑)

このアクションは、面白いね♪

映像も迫力あるし(^-^)

興奮しまくった♪

エロくするならもっとエロくても良いと思った。

というか、この男、かっこええ~な~~。
別窓 | 映画の感想 | コメント:0 | トラックバック:0
☆ミニミニ大作戦☆
2007-08-24 Fri 00:31
☆ミニミニ大作戦☆

s.jpg




お金は、人をどこへでも連れて行ってくれる。
お金は、人を高尚にしたりしている。

だからといって、お金に見せられた奴らの物語ではない。


いくつもの、感情が入り乱れる中、完成された計画との
係わり合いが描かれていたんだ。


ただ、心を満たすのは、暖かい感情だったりするから、
お金からそれを伝うことは出来きないね。

お金は、そう、オプションなんだ。

人生においては、オプションなんだ。

自分を持って生きることが最優先かな?

相手を思い生きることが最優先かな?

それはひとそれぞれで、
自分の家族を最優先にしていたり、
彼氏を最優先にしていたり、
子供を最優先にしていたり、
老婆を最優先にしていたり、
兄弟を最優先にしていたり、
自分よがりに生きている人だって沢山いるだろう‥。
それが、ほとんどかな?(笑)
それぞれの人生が何十億と物語になっている。


僕は、決めた女性を一人、一生愛すること。
そして家族を愛すること、友人を大切にすること。
人生の彩を豊かにすること。

僕が死ぬとき、そういった大切な人たちの中で死んでいけたらと思う。

お金は必要だから、稼ぐけどね♪

その方法はいかなる場合でも、人を騙したり、
人に迷惑をかけたりはしないやり方で(^-^)v



そして、その仕事が、人を少しは豊かになるように‥。

感情の面でも、金銭的な面でも構わない。

なにか、心に残るような影響を与えたいと思っている。
別窓 | ★胸に刻んだ映画★ | コメント:0 | トラックバック:0
★プランケット&マクレーン★
2007-08-22 Wed 00:25
プランケット&マクレーン

20070822002451.jpg


プランケットアンドマクレーン

plunkett&macleane

PLUNKETT AND MACLEANE  1999年
イギリス製作総指揮

ゲーリー・オールドマン製作
ティム・ビーヴァン&エリック・フェルナー監督

ジェイク・スコット脚本

ロバート・ウェイド
ニール・パーヴィス
チャールズ・マッケオン撮影

ジョン・マティソン音楽



クレイグ・アームストロング出演

ロバート・カーライル
ジョニー・リー・ミラー
リヴ・タイラー
アラン・カミング 他

昔の時代を描いた映画。

相棒を亡くした、こそ泥‥、
一人の紳士に出会う。

紳士に、命を救われこそ泥は、
ひとつの提案をする‥。


えらい昔の時代を描いた映画になっている。

最後まで目が話せない作品だったかな♪

どきどきする作品には間違いない (。・_・。)ノ
別窓 | 映画の感想 | コメント:0 | トラックバック:0
★17歳のカルテ★
2007-08-19 Sun 00:00
17歳のカルテ
17.jpg


17歳のカルテは、17歳の少女が描かれている。

カルテというのも、診断書を意味しているけど、
映像だと表現が難しい中で、うまく伝えてくれた。


なんてたって、俺も一緒に病んだからね‥(;´Д`)

でも、良い影響されたと思うんだ♪


17歳のときを、思い出そうとしているけど、
直ぐに思い出したりはしない‥。


高校3年生‥、

彼女も作らないで、友達と沢山遊んで、沢山アルバイトをしていた。
生と死の意味や、自分が人間であることの可能性を模索して、
前向きに生きていた気がする。

これからの自分、少しでも相手を思いやれる人間でありたいと思う。
別窓 | ★胸に刻んだ映画★ | コメント:0 | トラックバック:0
☆16ブロック☆
2007-08-15 Wed 13:21
☆16ブロック☆

16.jpg



親友って、どれだけ一緒に過ごしたか、よりも、

どれだけ、同じ気持ちでいられるか、だと思った。
別窓 | 映画の感想 | コメント:0 | トラックバック:0
★ハチミツトクローバー★
2007-08-09 Thu 00:21
ハチミツとクローバー

20070809002128.jpg





見終わると、少し勇気が沸いた。


でも、やっぱり、僕の現状は、苦しいに変わりは無かったりする訳で‥。


そんな中でも、ただ前向きに考える美しさを感じられた。



それぞれの思いが交錯する恋愛は、自己中心的だったりするけど、
でも、その思いって言うのは大切なんだよね‥。

その思いがあるせいで、
相手の行動によっては、喜んだり悲しんだりの連続。

つらくて、死にたくなるのに、でも、また好きになっていく‥。



相手の気持ちを確かめたところで、自分の気持ちが変わらないのら、そのまま好きでいよう。

相手の気持ちを確かめて、自分の気持ちが変わるようなら、それは、愛ではなかったと、道の上を歩みだそう。



相手の気持ちがあってこその自分‥。

それも解る。

実らないのなら、いっそのこと諦めるっていう勝手な行為も良いだろうね。
この世界は、自分が中心で回っているんだから。
自分が満たされないから、次に行こうって思うんだろう?

それでも、何より相手の幸せを願って別れることもある‥。
そんなこと言っても、やっぱり勝手な事だと思う。



その人を幸せに出来るのは、自分だけかも知れない。

この先、自分が幸せになるのは、その人だけかもしれない。


いろんな可能性が、見出せたりするんだね。






俺は、26歳になる前に、信頼できる異性と、分かり合えることを願ってる
別窓 | ★胸に刻んだ映画★ | コメント:0 | トラックバック:0
| mitsuboshiのブログ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。